ゆりるといきましょう

チャイルドコーチングマイスター子育てに関するつぶやき

卒園します。



 3月6日に末っ子の卒園式が行われる。長女の頃から通った保育園。子ども3人、同じ保育園で育った。途中、産休の為、保育園も一時退園になった時期があるが、13年間通った保育園とも、いよいよお別れ。

もしかしたら、誰よりも私が淋しくて、名残惜しいと思っているかもしれない。

f:id:yurirux:20210227221222j:plain

 13年前の朝、子どもが泣きながら私にしがみつくのを、先生に引き離してもらい、身が引きちぎられるように感じた。そして、子どもに申し訳なく、職場へ向かう車の中で、私も泣いていた。今はそんなことが懐かしくいとおしい。

 子どもも1歳、親としても1歳。どうしたらいいか、迷った時には『大丈夫ですよ』と声を掛けてもらったり、アドバイスをしてもらえたり、子育てに関してたくさん力を貸していただいた。

 そのうち、子どもを預けて自分一人車に乗り、エンジンをかけると、仕事スイッチが入り、子どものことは忘れて仕事に専念できた。『忘れて』というのは少々語弊があるかもしないが、それだけ安心して子どもを預けることができた保育園だった。本当に感謝している。
 
 子どもが通う保育園には‘‘応答的保育‘‘という保育方針がある。
 
 ‘‘‘応答的保育‘‘‘とは
子どもが環境に働きかけたとき、その環境から返ってくる「応答」を重視する保育。 人間やものやことなどの環境とのやり取りの中で成長・発達をしていくという考え方。 知的好奇心をはじめ、子どもの自発性や意欲、知的能力、さらには、まわりの人に対する信頼感を育てる。

 保育園に預けるたくさんの人が1度は考えると思うが、『3歳までは家庭での保育がいい』ということ。私もこのことにたくさん心を揺さぶられ、悩んで、罪悪感を感じた。でも、この‘‘応答的保育‘‘を大事にしている保育園の方針を聞くたびに、安心したし、私が家で子どもにどう接していけばいいか教えてもらった。

 〔知的好奇心・自発性・知的能力〕
 家という狭い空間で母一人、子一人という状況で子どもが経験することは限られている。しかし、保育園では家ではできない遊びや活動をたくさん経験できる。知的好奇心や知的能力の発達に刺激を与えることができる。そう考えると、何も保育園に通わせることに罪悪感を感じる必要はない。
 〔人に対する信頼感〕
 生まれてから、安全な環境で愛情をもって養育されることで、人に対する信頼感を培ったり、情緒豊かにのびのびと成長していく。
応答的保育は一人一人としっかりと向き合って、子どもとやり取りをする。そうやって保育士と信頼関係を築いていくことで、人に対する信頼感を覚えていくことができる。


 だから、私が親として家でやることは、短い時間だからこそ濃く深く子どもと接すること。
朝7時半~夜7時まで保育園で過ごす。夜9時過ぎには眠ってしまうから、一緒に過ごすのは1日のうち3時間ほど。この3時間を大切にしようと思うことができた。ご飯を一緒に食べたり、寝るまで一緒にいて、読み聞かせをしたりした。




 ‘‘応答的保育‘‘は子育てコーチングと似ている、と、今このブログを書きながら感じている。子どもの気持ちを受け止め、対話をしていくことで、成長を促す。
 
 保育園に通うことで、子どもと一緒に私も親として育ててもらっていたことを改めて再認識した。


 長女が、立志式で将来の夢を語っている。
~私の将来の夢は保育士になることです。理由は2つあります。
1つ目は、子どもが好きだからです。小さな子と遊ぶことが好きです。妹や弟の世話もよくやっています。
2つ目は自分の好きなことを仕事にして、誰かの役に立ちたいからです。小さい子のお世話をしたり、遊んだりするのが好きだから、それを仕事にして、働きながら子育てしている人の役に立ちたいと思いました。~

 仕事と子育ての両立に悩み、そして小さな子を保育園に預けることに罪悪感を感じたあの頃の自分に、この娘の姿を見せたい。
 たくさんの愛情をもって、子どもと親に関わっていただいた保育園の先生に、この娘の姿を見せたい。

 ♡保育園の先生方とわが子に感謝を込めて♡




入園・入学のお祝いにぴったり! 【年齢別】絵本・児童書セット~絵本ナビベストセレクション~






 

 

入学準備② ~毎日の学習 習慣づけ~

 息子YUは、これまで、お絵かきなどの遊びが好きじゃなくて、書く事をあまりしてきてない。上の姉二人は、お絵かきも文字を書くのも大好きで、保育園の時から机に向かう事が自然にできていた。
男の子と女の子の違いもあるのかなぁ、無理してさせるとますます嫌いになるのも困るので、と自然に任せていた。

でも、そろそろ1年生も近いし、少しずつ机に向かう習慣と鉛筆を持って手を動かす力(運筆力)をつけようと思い、10月から書き方(公文)を始めた。
f:id:yurirux:20210221223815j:plain

 

☆無理強いをしない。
☆やり直しは最低限に。
☆綺麗に書けなくても、大丈夫よ(^-^)と声かけ。
☆感情を出さず、淡々と。(表情は笑顔)
☆具体的に褒める。
☆毎日、10枚(長くなっても20分)

 私の尊敬している公文の先生から、これまでにたくさんのアドバイスをもらったし、先生の指導法を見てきた。これは、私なりに解釈し、身につけた心得。長女が1年生になるタイミングで通い始め、かれこれ8年間のお付き合い。



☆無理強いをしない

「ママもやってみよう!」「わあ、おもしろい!」「一緒にやろう。」と興味を向けた。ちょうど"無料お試し"の キャンペーンがあったので、私も筆ペンを習って、一緒にやることにした。
「嫌だなぁ」と言うときは、どちらが早く終わるか競争をしたり、ごほうび作戦をしたりして、気持ちをつなぐこともした。



☆やり直しは最低限に
☆綺麗に書けなくても、大丈夫よ(^-^)と声かけ
☆感情を出さず、淡々と。(表情は笑顔)

 まずは頑張るポイントを1つに決めて取り組む。10枚やりきることなのか、丁寧に書くことなのか、形を整えることなのか、正確な筆順なのか。

あれもこれも、いっぺんに高望みしない。決めたポイントができていれば、やり直しはさせない。とにかく進める。
さらに、丁寧に書かせたい時も、『とめ』『はね』『はらい』すべてに意識させるのではなく、一画一画を大切に書かせるため、今日は『とめ』ることだけを頑張るポイントにする。そのほかのことができていなくても、目をつぶる。

『とめ』ずに書いているのを見たら、
「あ、今の所は、『とめ』なくちゃダメだよ。」と言って、意識を『とめ』ることに向けさせる。ダメだと言われて、嫌な顔して"はぁ"とやる気が下がる。そこで、すかさず
「はい、次書いてみよう」「お、凄い!!『とめ』ができた。」「はい、次、どんどんいこう(*´∀`)♪」
と、淡々と次に進めていく。この時に、子どもの感情の浮き沈みにいちいち反応しない。とにかく淡々と。
すると、本人もやる気が下がったのを気にしない。

そして、そのうち『とめ』るのを忘れたときに、自分で
「あー( 悲しい顔)忘れちゃった。」と気づく。
「大丈夫よ、次、次!」「それとも、やり直したい?」と聞いて、自分でやり直しをする時もあれば、そのままの時もある。これはどちらでもいい。やり直しをした時は、褒める。
その調子でどんどん進める。
 
最後の一枚になったら
「よし、もう、これで終わりよ(*´∀`)♪ 集中して、最後の1枚、1番いいのにしよう。」と言う。
もし、『とめ』なかった時は、本人が嫌でも書き直しをさせる。嫌だと駄々をこねても、最後の1枚なので、終わりは見えてる。
ここだけは譲らず、やり直しをさせる。息子の場合、自ら納得するまで書き直しをするようになった。



☆具体的に褒める

 姿勢がいい。文字の"ここ"がいい。自分からやり始めたのがいい。速さがいい。片付けたことがいい。
とにかく、具体的に褒める。

 もう一つ、褒める時にやっているのは自己評価。
「YUが一番いいと思う字をママに見せて。」と言って自己評価をさせる。どうしていいと思ったのか聞くともっといい。そして、共感し、そこいいね、と一緒に褒める☆



☆毎日10枚
 
 これは習慣づけをさせるため。毎日やらないと意味がない。
10枚というのは、ほぼ10分以内で終わる量。ハプニングやイレギュラーが起きても20分で終わるぐらい。

子どもも無理がないし、なんといっても親の負担も少ない。もし、できない日があったら、次の日に2日分すると約束しているので、2日分でも可能な量。

「えー、嫌だなあ」と言った日は、「10分で終わるよ。昨日も速かったよね。」「うん、7分だったよ!」「さっさと終わらせて、You Tube見たらいいじゃん。」「そうだね(^▽^)/」
本人も、何度かやるうちに、毎日やるが方が楽だと気づいていく。



 自分が好きな事や、調子良くいっている事に関して、人は苦労しないし、毎日やることが大変だとは思わない。でも、苦手な事やうまくいかない事に取り組むには、大変な労力を使う。そして、当たり前にできることに楽しみは感じない。初めのうちは、ハードルを下げる。慣れてきて、本人にも余裕が出てきたら、頑張るポイントを1つから2つに増やしていくとハードルが少し上がる。そして、時々、前のものと今のものを見せて、本人に比べさせると、成長してかっこよくなった自分に気づき、達成感を感じることができる。

 ほんの少し頑張ったらできるレベルにして、「楽しいぞ」「もっとやりたい」と自分から机に向かえるようにしてあげるといい。






子どもに寄り添う

 今日は雪が降り、とても寒い一日だった。

f:id:yurirux:20210218194529j:plain


こんな、寒い日の職員室(小学校)での出来事。

 

「今、外の手洗い場の水が全開で、ジャージャーと出しっぱなしになっていたんですよ。」

「えー、誰かがいたずらしたのかもしれないね。」

「気を付けて見ておかないといけませんね。」

 

とのこと。

私は自分の仕事をしていて、パソコンの画面を見ながら、こんな会話をなんとなく聞いていた。特に、この会話に違和感を感じることはなかった。

 

ところが、○○先生がこんなことを言った。

「今日は寒かったから、外の蛇口凍ってたんじゃない。蛇口をひねっても、ひねっても水が出てこなくて、そのままであきらめた。今、凍っていたのがとけて、水が出てきてたとか...」

 

 

なるほど✨

 

そして、その会話の中にいた◇◇先生が、

「○○先生、さすがです。子どもへの寄り添い方がいい。自分はすぐ、悪いほうへ決めつけてしまって...」

 

うん、うん。そう、確かに。

 

○○先生の子どもへ寄り添う考え方も素敵

◇◇先生の“○○先生の考え方がいい“との気づきも素敵

 

 教師としては、『いたずらかもしれない』と対策を考えておくことも大事。でも、その前に、子どもがどうしてその行動をとってしまったのか、と背景をとらえて、寄り添って考えることも必要だと改めて思った。

 

学年末テスト!!

 先週金曜日、中学2年の長女RUの期末テストが終わった。今回は、今までで1番、勉強していた時間が長かったように思う。私も含め妹&弟がTVを観ている誘惑にも負けず、頑張っていた。
f:id:yurirux:20210218210359j:plain

 長女はいわいる"真面目"で、宿題でも先にやってしまわないと気になって気になって、落ち着かないタイプ。先生から言われたことは絶対!!夏休みの宿題でも、『まとめて一気にやるのではなく、毎日コツコツ少しずつやりましょう』と言われれば、その通り。「時間があるから、今のうちにやってしまったら?」とアドバイスのつもりで言っても、「そのやり方はだめだから。」と、毎日コツコツやっていた。きっと、先生も『ダメ』とは言わないはずなんだが…(笑)
 
 そんな感じなので、小学生の時から、『宿題をしなさい』と言ったことがほとんどない。一見、とてもいいように思うが、これはこれで、また親としては心配な事がある。融通がきかない、などなど…〘本当に人間って、欲が深い。無い物ねだりが止まらない〙
まあ、この事に関しては、また改めて話すことにする。


 今日、テストがいくつか返ってきた。

良かった教科と思うようにいかなかった教科とあったようで、微妙な表情で報告してくれた。

途中で口を挟まず、話を聞こう、と心に決めた。
こちらが「ああだこうだ」言わずとも、思いつくままに話をして、言葉としてアウトプットしていけば、だんだんと考えが整理されて、本人なりに次の対策を練っていくだろう。

案の定、
「リスニングはよかった。」
「長文読解がダメだったから、やっぱり単語帳をちゃんと作ってみる。間違った単語だけでいいよね。」
「歴史も思うようにいかなくて、、、」と、話をしてくれた。

私は「こないだの動画見て、ママも一緒にリスニング練習続けようね。」「間違いノートをまた作って完璧にしよう。」と、一緒にできることを話した。楽しい会話だった♪

 
 1年生の始めは、毎日の宿題さえやっていれば怒られないし、というスタンス。
そもそも、"テスト勉強"とやらが何者かもわかってないし、やり方なんて知るはずもなくて。
テストが返ってきて、『…何これ、そりゃそうだよな…勉強してないし。』というものだった。

 たまたま、学年末にコロナでの休校になり、『よし、ママ塾開催!』とこれまでのテストをかき集め、間違った所ファイルを作って、取り組んだ。

 中学生になってまで、親が勉強を細かく見なくてもいいよね。
こうやってみよう、ああやってみようと色んな方法を試して、無駄なこともいっぱいやって、自分で見つけることが大事よね。
と思っていた。
が、休校になって、勉強大丈夫か?と不安になった。塾にいかせてる訳じゃないし、塾に行ってる子は色々教えてもらってるし、と考えて、『ママ塾』を開講することになった。

ママ塾 と言っても、何も大げさなことはしていない(-_-;)

〈私がやったこと〉

  • 間違った所のファイルを作る手伝い。
  • 休校中の学習の見守り、確認。
  • 学校から出ている、学習したことをまとめるノートへの週1回のコメント書き。(娘のやったことを肯定する内容を書く)

 
 休校が明け、最初のテストで、1番いい結果をとることができた。娘も自分が頑張ったことで結果が出て、テスト対策の勉強に手応えを感じることができた。


 それからは、勉強することに意欲を持てるようになった気がする。
先生から言われたことだけ"こなす"のではなくて、自分なりに自分にあった勉強方法を工夫していくことも楽しくなってたくれたよう。 嬉しい。



今回のテストの成績が全部出るのは週末か週明けか…ドキドキ

テストの点を競いあっている友達がいて、その子の影響もとてもいい☆

どんな結果でも、また次に意欲を高めてくれるように、話を聞いてやりたい。
4月からは受験生!頑張れ娘よ~~~





④基本のステップ1~その3~

子育てコーチングには6つの基本ステップがある。

 

  1. 傾聴するー子どもの話をよく聞く
  2. 共感するー暖かな言葉で子どもの話を受け止めたことを表す
  3. 質問するーさらに深く自分を振り返るように子どもを導く
  4. 承認するー人から承認されることで、安心感や勇気を得る
  5. 行動ー子どもに解決案を考えさせる
  6. 継続ー自分で決めた目標を守れているかどうかフォローする

 

 今日は、ステップ1.傾聴 ポイント③〔非言語コミュニケーションを聞く〕について。

 

聴くためのポイント③

◇非言語コミュニケーションを聞く

 

 非言語コミュニケーションとは 

視線

表情

体のしぐさ(ボディランゲージ)

声のトーン

 のこと。

 

 私たちは、コミュニケーションをとるときに、言葉以外のこれらのことからたくさんの情報を得ている。まだ、語彙力や会話のスキルが未熟な子どもなら、なおさら大切なものとなってくる。意識的に発する言葉とは対照的に、非言語コミュニケーションは無意識に発生する。

 →→→子どもの心の中をより深く感じる手がかりとなる。

 

◎ボディランゲージ

 ・腕を組む

 ・袖口や手首を触る

 ・首をかく

 ・顔を触る

 ・指をいじる

 ・腕が動く

     など

 

◎視線

 視線も感情を表す重要なジェスチャーです。

 

 ・目を見ない

 ・目をこする

 ・斜め上を見る

 ・まばたきが多い

     など

 

 しかも、これは子どもだけではなく、話を聞いているこちら側も視線や表情で子どもに感情を無意識に伝えていることも忘れないように!

 笑顔で聞けない場合は、眉間にしわをつくらないようリラックスした視線(表情)を意識するとよい。

 

◎言葉のトーンと周辺言語

 周辺言語とは「言葉以外の音」のこと。ため息や感嘆、泣き声、うなり声のこと。

 「はあ~」というため息をついた後、“しまった!“と思うことがよくある。言葉には出さなくても、「ママは怒っている」「もう知らない」等、無言の圧力を感じさせている。この周辺言語も、気持ちを伝える重要な『言葉』となる。

 

◎沈黙

 沈黙にも種類がある。思案中の沈黙休止の沈黙拒絶の沈黙

沈黙が始まると、こちらのイライラが倍増することがあるが、沈黙も子どもの感情を伝える『言葉』だと思えば、その『言葉』に返す返事も変わってくるだろう。

 

◎相手とのスペース(距離)

 話をしている子どもは、どんな距離を保っているだろうか。また、体の向きはどちらを向いているだろうか。

 

 

 すべての気持ちを理解することは難しいが、非言語コミュニケーションを発していることを理解するだけでも、子どもとの会話が変わってくると思う。そして、これらは大人同士の会話にも言えること。パートナーとの会話でやってみるのも♡

 

 

1年生へ向けて



 年明けから少しずつ、小学校の入学説明会が始まっていると思う。息子のYUも、4月から小学生になる。緊急事態宣言が出たので、説明会は中止となった。資料だけ、もらってきた。

 これまでは、子どもと一緒に通学路の危険な所や注意するところを確認しながら、親子で楽しく歩いて行っていた。
学校では、親が説明や公演を聞いている間に、子どもは、1つ上の現1年生と一緒に遊んだり、学校は楽しいところだよと教えてもらったりしていた。
残念な事に、今年はこれがない。とても寂しいな、と感じている。私は第3子で、しかも小学校の教師をしていたので、何も不安はないが、初めて小学校に入学する人にとっては不安な事がたくさんあると思う。

 今日は、私が教師をしていて、これを準備しておいた方がいいな、と思っていたことを書いていこうと思う。
あくまでも、私が勝手に考えたことなので、参考までにしてもらえるとありがたい。


①心の準備
②体の準備
③身の回りのこと
☆おまけ




①心の準備🖤

 私もついつい息子に言ってしまうことがある。
「これ、できないと、1年生になって、先生から怒られるよ。」
と…(^_^;)

これは、あまり言うべきではない。学校はできないと怒られる所だという恐怖心を与えてしまう。学校は失敗していいし、できないことができるようになる場所。

「これができると、カッコいい1年生になるから、頑張ろう」
「もうすぐ1年生だから、自分でできるようにチャレンジしてみよう」
と声をかけたいな、と心がけている。

叱るときは、1年生になるから、という理由ではなくて、その行為の意味をしっかり伝えて叱ればよい。

1年生は楽しいことがたくさんあるよ。学校は間違っても大丈夫。
という心の準備をしてほしい。




②体の準備

"早寝・早起き・朝ごはん"

やっぱりこれは大事!!本当に大事!!

そして、欲をいうなら、朝のうんち。





③身の回りのこと

 当然ながら、自分のことは自分でできるようになっておかないといけない。
まず、学校に持っていく物着ていく物は自分で扱うことができる物。もって行く前に、練習してみることをおすすめする。
もし、どうしても難しい時やハプニングが起きたときには「手伝ってもらって大丈夫。」「先生に言っていいのよ。」と自分で言えるように、この場合も練習しておくと安心(^-^)

 翌日の学校の準備をしたり、学校から配られたプリント(以外と多い!!)や宿題、連絡帳を見せたりするのも、とても大事。前日の夜や朝の準備の仕方、帰ってきてからのルーティンを考えておいた方がいい。特に働くママやパパは、夕方帰宅後はいっぱいいっぱい。子どもが一人でできるようなルール作り・環境作りをぜひ!



☆おまけ

 いろいろ言っても、やっぱり気になるお勉強のこと。

〈文字のこと〉
 えんぴつの持ち方に変な癖がついていると、子どもの負荷がふえる。文字は覚えないといけない、さらに、えんぴつの持ち方も正しく持ち変えないといけない、となるととてもしんどい(;´Д`)
えんぴつの持ち方はお箸の持ち方と通じている。お箸とえんぴつの持ち方は、今のうちにぜひ見直してみるべき。
ひらがなはすべて書けなくてもいいが、これまでいかにたくさんお絵かきをしているか、という経験の差はでてくる(運筆力)。ぜひ、楽しく、『かく』という遊びをたくさんさせてほしい。

 息子YUもそうだが、スマホタブレットで動画と仲良しの今の子ども達。耳から入る、流れてくる言葉の知識はたくさんもってる。私は息子に、目から入ってくる(おだやかで心地よい)言葉の知識も増やしたいと思っている。読み聞かせをするときに、文字を指で追いながら読んだり、息子と交互に読み合ったりしている。

〈数のこと〉
 いくつまで、数のカウントができるか?ぜひ、生活の中で、数を数える経験をたくさんさせよう。そして、物がいくつあるか、指をさして、もしくは1つずつ手にとって数えることも幼児期に大切なこと。お店屋さんごっこで物の数とお金のやり取りもとてもいい。
 人間の指はとても便利。5と5で10。3と2で5。指を使って色んな数の遊びをするのもおすすめ。



 親としては、計算や読み書き、大丈夫かな、と心配になる。授業中、しっかりと集中できるだろうか…
大丈夫です。先生がいます。(*´∀`)なにより子どもも頑張ります。何かある時は連絡がくるし、必要な時は相談していい。

入学してからしばらくは、親も一緒に頑張らないといけない事が増える。でも、こうやって、子どもといちゃいちゃ❤️わちゃわちゃ🎵できるのも、今しかない!
無理をせず、楽しくできるといいな。






絵本か動画か…

【読むトレGO! for 任天堂スイッチ】

f:id:yurirux:20210210230335p:plain
 うちの子ども達… スマホタブレット(動画やアプリゲーム)に大変お世話になっている。

親が楽をするための道具なのか、子どもが楽しみ、成長するための道具なのか…

 自分が子どもの時には無かったもの、子どもがどう育っていくのか未知すぎて、恐ろしい。
でも、これから生きていく子ども達の世界には無くてはならないもの。これらのものに振り回されることなく、使いこなせる人間になって欲しい。



 "楽をする"といえば、

便利になって、よくなった事がたくさんあるけど、逆に不便になったこともある。

☆蛇口やドアノブ
子ども達は"つかんでひねる"という作業をしなくなった。握力がつかず、手首が回らない。
→鉛筆を持って、字を書く動き
手首を回さずに字を書くと、書きずらい。字を書く事に困難さを感じる子どもになってしまう。

☆トイレの自動水洗
自分が排泄したものを見ない。自分で流さない。
→健康管理やトイレの汚れなどを意識できない。後始末の意識が育たない。

☆学習アプリ
とにかくサクサク進んでいける。"できた"感が強すぎて、自分の手を使い、アナログでやったときにギャップがありすぎて、"できた"感を感じられない。失敗の経験が減る。
→やる気がおきない。自信喪失。できるまで繰り返す努力を嫌がる。
例えば、画面に線を引くと、実際はにょろにょろと曲がっているが、一瞬で直線になって書いたあとが表れる。子どもは綺麗な直線が引けたと勘違いする。
鉛筆を持たせ、紙にお絵描きをすると、自分が思い描いたものと違う物しか書けなくて楽しくない。時間をかけて続ける根気が育ってない。


 動画やアプリ、ゲームなどもこれから大切な物。子ども達の未来に無限の可能性が広がっている。
けれど、子どもの発達段階に合わせて、使い方はしっかりと親が見極めなければならない。

 そして、便利になって失われた物をどう補っていくかも考えていきたい。

さっきまでゲームに夢中になっていた息子YU。たまたま、私が出して、ベッドに置いたままにしていた絵本を見て、
「今日は、これ読みたい。」
久しぶりの読み聞かせ。
所々、
「ここは、YUが読んでぇ」
と私がおねだりしてみる。

やっぱり絵本も楽しい(*´∀`)♪
f:id:yurirux:20210210230117p:plain

 ゲーム大好きな息子。ゲームとどう向き合わせるか、毎日悩んでいる。
『将来、プロのeスポーツ選手にするための英才教育(笑)』などと、自分を正当化させる言い訳などにせずに、私もまだまだ勉強して作戦を練らなくては…